「トビタテ!留学JAPAN」 親目線からの体験記①

娘が「トビタテ!留学JAPAN 新・日本代表プログラム」に合格して、今年の夏休みにイギリスに短期留学する事になりました。

文部科学省主催ですが、官民協働プロジェクトで、留学生への奨学金は全て支援企業からの寄附金で賄われています。

このプログラムの最大の特徴は どこへどれくらい行くのか何をするのか等、留学計画を自ら作成する事、そしてその選考基準は学業や英語力は一切問われず!(だから娘もいけた!)基準は「情熱」「好奇心」「独自性」だそうです。

今回、計画作成から面接対策まで非常に大変だったはずですが、私はほぼ関与せず・・・、
なので合格した事に驚きました。
本人も今回の事から「やってみる事が大事、初めから無理だと自分の限界を決めてはいけない」と学んだ様です。

しかし、、、、この円安の折、、、、この給付金も急遽、留学準備金が10万増額されたりしましたが、半分以上は自己負担となります。。

昨日ロンドンの学校に振込を完了しましたが、その高額ぶりに、私、白目剥きました。。(*꒪꒫꒪)

また、先日、今年留学するトビタテ生の壮行会兼事前研修 が文部科学省で開催されました。

まず、その事前課題が膨大でびっくり。34ページのPowerPoint。 ↓↓

34枚の事前課題の一例。これ、企業研修でも良くやるライフグラムじゃん!

文部科学省。ザ・霞が関と思わせるビル群

なんとか課題もこなし、参加した事前研修は、トビタテ生が集結し非常に刺激的だったようで、たくさんの人と繋がって帰って来ました。

一緒の高校のトビタテ生と。娘の高校からは今年13人が合格しました。

娘から聞いて印象的だったのが、あの孫正義さんがポンと20億の寄附金を出してくれた話。彼も貧しい家の出身だったのですがアメリカに留学して人生を変えた人ですから、このプロジェクトには非常に理解があるようです。で、伝説のスピーチと言われるのがこちらのトビタテ1期生の時に行ったもの。支援は恩返しとの事、、感動しました。。

  

トビタテに関する親目線からの体験記は、また機会を見て書こうと思います。

人生何十回目かのダイエット宣言・・・・

夏のイベントに向けてダイエットを始めました。

またか・・・、と思われた方、すみません。

でも、本気です。

10年前に、ガチRIZAPで、半年間で13キロ痩せた私ですが、

今は、ちょっと糖質オフしても体重計はびくとも動かなくなりました。
基礎代謝が落ちているんだと思い知らされています。

今回投入したものは、まずこれ。ツイストステッパー↓↓

ひまさえあればここで踏み踏み。自然とウェストが捻られる角度になっています。

これを使ったら会社の同僚が、1週間で、3㎝ウエストが細くなったと言うのを聞いて投入を決意しました。(同僚は30代ですが・・・) 単純ですみません。

でもこれがあれば、真夏でも雨でも、、動画を見ながらでも運動ができます。
(テレビショッピングで良く聞くフレーズと思いながら、、まんまとのせられています。)30分もしないうちに汗だくになっております。


もう一つ、アプリの「あすけん」に再トライ。
これも親友がきっちりやって2カ月で5キロ痩せたと聞いて決意しました。

以前やってて、途中で挫折した経験がありますが、今回は有料プランに入って自分にプレッシャーを掛けました。

あすけん、おそらくダイエット界隈では一番人気のアプリ。

とにかく、自分が食べたものをインプットしていきます。
商品のバーコードをスキャンしても、写真をとって解析してもらう事もできるのですが、摂取した栄養素を細かく分析してくれます。

食べているつもりでも、タンパク質がどうしても毎日足りないとか、飽和脂肪酸は常に取りすぎているんだとか、自分の食事の傾向が把握でき、意識する様になりました。

バーチャル栄養士さんが、アドバイスくれたり、健康度を数値化してくれるのが、何気にやる気を促してくれます。

健康度は現在のところ15点とか、23点とか(もちろん100点満点)なので、普段どれだけ何も考えず、食べているのか痛感させられますね。。

そして、これに伴い、毎日体重計に乗る習慣ができるのが、一番かと。

イヤな事から目をそらさず、正しい現状認識!!大事ですね。

数カ月後、良い報告が出来ますように・・・・

アップライトピアノとグランドピアノの違いに驚いた母の話

GW中、娘のピアノの発表会がありました。

曲はショパンの「幻想即興曲」。

私が大好きな藤井風さんも中学3年生当時に弾いたこの曲の動画を良く見ていたので↓↓

娘が自らこの曲を選んだ時には、とても嬉しかったのを覚えています。

とはいえ、学校に部活に勉強に友達付き合いに、今どきの高校生はとても多忙で、、練習したくてもどうしたって時間が足りません。。

発表会数日前の自宅(アップライトピアノ)での練習も1曲中、20か所くらい間違える&弾き直す状態でした(・´з`・)

しかし、直前の先生宅(グランドピアノ)のレッスンでは、「ほぼノーミスで弾けている、家ではもう弾かない」と主張する娘。
私としては多いに心配になりますが、自分で発表会に出ると決めたんだし、失敗しても何か得る事あるさ、と何も言わず、本人に任せていました。

そして、、本番(もちろんグランドピアノ)、、、

娘はほぼノーミスで堂々と弾き切ったのです!!

本当にびっくりしました。

で、この曲を練習し始めてから、常々言っていた、自宅のアップライトピアノはとても弾きづらい、先生宅のグランドピアノはとても弾きやすいとの事。

で、改めて調べたら、当然ですがやはり全然違うんですね、、、

構造上、鍵盤が上がる速度が全然違う、従って連打するような曲は顕著に違ってくる、音の強弱や音の幅、、、等々出てくる出てくる。 なるほど家のピアノはさぞ弾きにくかったろうな、、、、、自宅の練習時の不出来、、、、納得です。
毎年調律してもらう為に 16,000円位かかるのもなんだかな、、、、とか思ってたけど、それどころではありませんw。

まあ、娘としてもピアノは趣味の範疇だし、親としてもグランドピアノを投入する気はさらさら無いのですが、上達してくると、それなりの道具は必要になってくるんだなと実感した次第です。

子供の習い事、いろいろ悩ましいですな。。。

P.S. 全くの余談ですが、今年8月に開催される藤井風さんの日産スタジアムライブ、落選しました(╥_╥) 久々ショックな出来事でした、、

スマートウォッチで手軽に健康管理。睡眠の質が数値化される機種もあり、大人の女性にもおススメ!

唐突ですが、、、私 半年前にスマートウォッチデビューしました。

目的はヘルスケアの為でしたが、毎日表示される「睡眠コーチ」や「ボディバッテリー」(体の残りエネルギー)が面白く、結構気にして見てしまいます。

ちなみに、、私のスマートウォッチはGarmin社の Venu3 ↓

起床時に毎朝見てしまう、睡眠の質。その日の睡眠を数値化してくれます。↓↓

寝落ちしてしまった時などは 明らかに質が悪い、、「回復効果が無い睡眠」と表示された日は、だよね・・と反省し、今日はきちんと早く寝ようという気にさせてくれます。
逆にこの数値が70以上になっていると安心したりします。(あまりないですが)

そしてその睡眠の質と連動しているのが、ボディバッテリー。
きちんと寝ると朝ボディバッテリーの数値がとても高くなっているのですが、これが日中、活動しているとみるみる減っていくのです。Σ (゚Д゚;)
一桁の数値になると、それを見ただけで若干疲労感も増すような気がしますが、最低の5には、時々なってしまう私です。(生活を変えなくてはと思う瞬間です)

ディズニーから帰宅した夜の11時、、26000歩で、ボディバッテリーはやはり最低ラインの5 ですな。。

設定しておけば見逃したくないLineが見えたり、電話を受ける事もできるので便利ではありますね。
また、仕事に集中していると、「ストレスレベルが高いです」みたいな表示もでるので、何気に心拍数?や呼吸?にも変化があるんだな、と感心してしまいます。

スマートウォッチにしてから、毎日の歩数はもちろん、睡眠の質、ボディバッテリーも気にかけるようになり、以前より多少は健康に気をつけるようになった、、、、かな。

気分によって、フェイスも色々変更できるのも、スマートウォッチならでは、ですね。

オーストラリアでカフェ巡り。オーストラリアは隠れたコーヒー大国だった・・・☕

現地に行くまで、オーストラリアがこんなカフェ大国だとは知りませんでした。

街中、ほんとにカフェが多い。コーヒー好きの私としては、目移りして迷ってしまいます。

チェーンというより個人経営の小さなカフェが多いのですが、居心地のよさそうな椅子や、オーナーのこだわりが感じられるオブジェやアート作品を置いた小さなカフェが、町のあちこちにある。。

そして朝早くからいかにも常連さんという雰囲気の人が、ひとときのくつろぎを楽しんでいます。
朝食はホテル周辺を散歩しながら、良さそうなお店を見つけて入るのが、楽しみの一つになりました。

写真は全てシドニーにあるCafeです。

私は常に、カプチーノを頼んでいました。

「Paramount Coffee Project」 おしゃれ空間!これで2,700円位。(高いですね・・・)

たくさんの人が並んでいた「La Renalssance Patisserle & Cafe」
中庭で食べるケーキもとても美味しかった!

しょっちゅうテイクアウトしたコーヒー。ふたに名前を書いてくれるのが、シドニー方式


このような独自のカフェ文化が強い影響から2018年8月にあの大手コーヒーチェーン、スターバックスコーヒーがオーストラリアから撤退を発表した、なんて記事もいくつか見つけましたが、実際には店舗は存在していました。↓

スターバックスも一応存在してるけど、店舗数は非常に少ない。思わずオーストラリア限定のベアリスタをチェックします

カフェ巡り、あと10倍位したかった!今回は時間が足りな過ぎた・・

ちなみに、コーヒーが飲めない娘は カフェで食べられるチョコレートブラウニーが大好きになって帰って来ました。

お迎えにかこつけたシドニー観光旅行 ~野外で観劇編~

前回、娘がオーストラリア・シドニーの語学学校に行ったと書きましたが、、、

丁度帰国予定日に、娘にとって はずせない面接が急遽入ってしまいました。

「娘だけ1日早く、帰国させてくれないか」と留学エージェントに相談した所、一人だけ帰す(別行動する)のは原則NG、しかし、現地で親に直接引き渡すならOKと言われ、「なら・・・行っちゃう?!」という事で、私、オーストラリアまで子供をお迎えに行きました(笑)

お迎えにかこつけた、完全な私のオーストラリア観光旅行です。

最後の海外旅行はコロナ前ですから、ほぼ5年ぶり。
どうしたってテンション上がります。

(しかし、3月の最終週ほぼ仕事を休むという暴挙に出るわけですから、旅行前は結構頑張りました!)

私の旅は結局 4泊6日の短い旅でしたが、シドニーは季節も良く、風も心地良く、非常に満喫できました。今回は一番印象に残った出来事を書いてみます。

オーストラリア最終日、娘と合流し、シドニーハーバー(野外)でミュージカルの「WEST SIDE STORY」を観ました。劇そのものも良かったですが、その場の雰囲気やそこから見る景色が心に焼き付いています。

この会場はシドニーハーバーに、1年のうち3週間だけ現れます。
巨大なステージが3000人収容の座席と共に水際に建設され、カフェ、レストラン、バーもオープンするのです。

開演の1時間以上前、演者達がウォーミングアップする様子を見る事が出来ます!

早々に会場入りし、予習に余念が無い娘

19時半開演。席からは「ザ・シドニー」の景色。雨が降らないで良かった!

もうすぐ始まる!ワクワク

私と娘は半年前に東京でもWESTSIDE STORYを観劇していたので、ストーリーは完全に理解しているのはもちろん、違いなども見れて面白かったです。野外なので音はどうなんだろう、と思っていましたが、生オーケストラで、臨場感ありましたし、歌唱力も高く、心打たれました。

ひとつ気になったのは、野外の会場で開放感がある為か、進行中に結構、席を立つ人がポツポツいるという事。トイレ?何なの? という感じで集中力が削がれるのが、どうにも気になりポイントでした。まあ、それを上回る満足感はありましたが。
また、帰り道の混み具合を心配していましたがこれも杞憂に終わりました。
水上タクシーにすんなり乗れ、夜のシドニーハーバーを渡ったのも良い思い出です。

この観劇含めた オーストラリア短期留学、娘にとっては、期待以上の良い経験になったそうです。所々に成長も感じました。
10代という感受性の高い時に、いろんな異文化経験(苦労含めて)させるのは、大事なんだな、と改めて感じた次第です。

海外にいる子供の位置情報を頻繁に確認してしまう子離れできない母の話・・・

春休みを利用して、先日子供がオーストラリアの語学学校に旅立ちました✈

羽田の第3ターミナル(国際線ターミナル)から飛ぶのも初めてで、単に送りに来た私までもワクワクします。

羽田第3ターミナル「江戸小路」。空港のお店巡り大好きです!

今や、海外と言えど、携帯さえ持っていれば普段通りにLine(Line通話も)はつながるし、位置情報もリアルタイムに把握できる。。

そしてキャッシュレス決済が非常に進んでいるオーストラリアで子供が買い物すれば、即時にどこで何を買ったかメールが来るし、、、、と、本当に便利な世の中になったものです。
(大昔(38年前?!)に留学した私の時代は、どうやってお金を持っていくか等大騒ぎでした。両親ともエアメールでやりとりしてた事を思い出します・・・)

そして現在でもフライト中だけは、携帯がつながりませんが、

Flightradar24(フライトレーダー)という
アプリで思わずずっと追っちゃいます↓。

赤く表示されている飛行機が追っている飛行機

航空ファンの為に作られたアプリらしいですが、これ見ているだけでとても楽しい!
おびただしい数の飛行機が飛んでいる事がリアルタイムに把握できるのですが、これだけ飛んでて、よく事故が起こらないな~と感心もします。

 

しかし、向こうの学校に行っているであろう時間も、海外にいる子供の事が気になって、位置情報を頻繁に確認してしまう私。。
ストーカーかよ、という感じですが、、そろそろ 子離れしないとですね。。。

 

おまけ。送りに行った日、羽田空港のスタバでぼーっとしていた私ですが、
こんな可愛いご当地グッズが出ているんだーと思わず写真を撮ってしまいました。
コレクターいるんでしょうね・・・

コレクタブルスノーグローブ&マグ ご当地デザインですが、羽田である程度GETできそうですね! 第2ターミナルにあるスタバはとても広々&飛行機も見え居心地最高です